夫が出張と嘘ついて女と会っていた。私は通勤の車で一人泣き。両親を早くに亡くし実家のない私は…/若くに両親を亡くした私にとって、帰る場所がな…

夫が出張と嘘ついて女と会っていた。私は通勤の車で一人泣き。両親を早くに亡くし実家のない私は…

その上、結婚してから契約社員になっていたので、お金の面でも不安だった。

実家がないけど家にもいたくなくて、離婚届を置いて家を出たが、夫が探しにきて土下座された。

【当時の年齢】
夫:30代(当時)
自分:30代(当時)


【浮気を疑ったきっかけ】

  • スマホばかり見ていた。
  • 出張が増えた。
  • 話しかけても上の空だった。




ストレスで数年後体がおかしくなり、入院をして手術もした。

若くに両親を亡くした私にとって、帰る場所がなくなるという不安が大きかった。
兄弟はいたが、結婚報告をものすごく喜んでくれたので、心配はかけたくなかった。
その上、結婚してから契約社員になっていたので、お金の面でも不安だった。
ざっくりしているかもしれないが、将来というか明日への不安が大きくて、毎日どうしようと悩んでいた。
もちろん夜は眠れなかった。
通勤は車だったので行き帰りに運転しながらよく泣いていた。
正直、あの当時のことはもう思い出したくない。
思い出すといまだに心臓がバクバクするし、吐きそうになる。
ストレスで数年後体がおかしくなり、入院をして手術もした。
とにかくその時は辛い思い出しかないし怒りまではすぐには沸かなかった。




思い出すといまだに心臓がバクバクするし、吐きそうになる。

仲直りという言い方は良すぎると思うので、とりあえずいまだに許したつもりはないけど、1度だけ猶予をあたえた。
実家がないけど家にもいたくなくて、離婚届を置いて家を出たが、夫が探しにきて土下座された。
答えはすぐに出なかったので、実家がある夫にはしばらく実家に帰ってもらって(車で15分くらいのところに実家があるので)、私は家に戻って別居をして考える時間にした。
結局、上記でも書いたけど、1度だけ猶予を与えることにして結婚生活を続けることにしたが、夫と一緒に寝ることが出来なくなった。
今は寝室を別にしている。
そのほうが眠れるし、精神的にも楽だから。
でも全然スッキリしてないし、もう夫を信じることは2度とないだろうと思っている。




通勤は車だったので行き帰りに運転しながらよく泣いていた。

今は何もなかったように接してるし、あの当時の話は一切していない。
けど、これで良かったのかと自問自答することがたびたびある。
今思えば、あの時、離婚してても良かったかも。
離婚してしばらくはお金のこととか仕事のこととか不安はいっぱいあったと思うけど、精神的には多少は楽になったと思うので、その後の病気もなかったかもしれない。
だから、あの時の自分が目の前に現れたら離婚を勧めると思う。




ざっくりしているかもしれないが、将来というか明日への不安が大きくて、毎日どうしようと悩んでいた。

兄弟はいたが、結婚報告をものすごく喜んでくれたので、心配はかけたくなかった。

 

夫に浮気されたショックはすさまじいものだったんでしょうね。
そんな辛い中でも、結婚を喜んでくれた兄弟に心配をかけたくない、と思えるところがすごいです。
ストレスで身体を壊して入院するほどですから、長い間苦しまれたんですね。
別居の期間を経て、夫婦生活を続けて行く決断をしたとのこと。
それでも寝室は別で、今までの夫婦生活とは違う形になったし、夫を信じることはもうできない。
これからの夫婦生活は、信頼関係のない気まずいものかもしれませんが、少しでも楽しい日々を過ごせるようになるといいですね。





◆夫に浮気された体験談◆
主婦28歳(結婚4年目)
2歳の長女の子育てをしながら2人目を妊娠中。
幸せだった結婚生活に、夫の浮気疑惑が…。
それからはショックと悲しみで、まさに「どん底」の日々。
なぜ、どん底状態からたった7日間で立場が激変したのか?
⇒夫に浮気された体験談(主婦28歳)

夫の浮気相手に慰謝料請求。夫には土下座で泣いて謝らせてから関係修復。